2017/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


Web絵本みやぎの民話・屁ったれ爺さんより
「ウグイスになった少年」
ひろしイメージ
ぼく、ひろしっていうんだ町の学校に通っていたんだけど、みんながぼくをのろまっていじめるんだ!ちいさいときあしのびょうきですこしびっこだけど---それから人あうのがこわくなって去年の夏休みからズーと学校に行ってないんだ。今年の4月からお爺ちゃんとお婆ちゃんの村の学校へ転校したんだ。

ダム



爺ちゃんは村のあちこちを案内してくれ、ぼくは爺ちゃんの軽ワゴン車イモ虫号に乗ってダムを見に行った。


爺と孫
爺さん---宏(ひろす)このダムの下にウグイスを飲み込んだ
爺(じ)んつぁんの家があったんだぞ(爺ちゃんから屁ったれ爺さんという昔話をぼくは聞いていた)
 ---ふーんほんとうにむかしあったはなしなんだ〜

ぼく ひろし小学2年生で 町の学校で いじめらて
4月からここの山の村の小学校に転校してきたんだ!
爺ちゃんの家に下宿して そこからかよっているんだ
せいとのかずは6年生から1年生まで、たった8人1年生はいなくって
2年生はぼくとダム管理事務所のよしみちゃんの二人、でもみんな優しいお兄さんやお姉ちゃんだ!
それにお婆ちゃんが校長先生だ、お爺ちゃんは2年前にたいしょくして
青少年村の村長さんで要するに管理人さんだ

ぼくはイモ虫号の中で眠くなって眠ってしまった。

    続きは


スポンサーサイト

  • 17:44
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


comment