2018/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


−−<お知らせ>−−−−−−
宮城栗原民話の集い
今春映画「東京タワー」ロケ地を、見学しながら民話や童歌を聞いてみませんか、語ってみませんか!
時・6/2(土)〜10日(日)9日間
所・栗原市鶯沢佐野住宅映画「東京タワー」ロケ地内(要するに昔の鉱山社宅ハーモニカ長屋です。)
 オカンの家にて 入場料無料
屁ったれじんつぁんの語り部/佐藤玲子さんは5・7と出演します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
公演日程はここをクリック

佐野住宅への地図
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
連絡事務局/栗原市若柳南大通り14-7
  電話090-3361-6390川嶋保美
  電話0228−32−6789(はさま会館内)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ↑の栗原の民話の集いに昨日行ってきました。
社宅跡民話の集いの場所は現在は閉山になってる、栗原市、鶯沢細倉鉱山社宅無人住宅でおこなわれました。
ここは、リリーフランキーさんのベストセラー小説を映画「東京タワー」の筑豊炭坑のロケが行われたところで日本の中で高度成長経済期のハーモニカ長屋が現存してるところがなく、取り壊し寸前でロケ地として選ばれました。写真が現存する長屋です。

私ももう取り壊されてありませんが、同タイプの社宅に住んでいました。
ロケ地の写真等は6/7の記事の写真を見てください。


梅原





1時半開演なのに着いたのは、2時近くで、1人目の栗駒の梅原村男さん(89歳の元気なお爺ちゃんでした。)の話が終わるところでした。

ヒョウ


そして雷鳴と石ころみたいな雹(ひょう)がバタバタと地面に叩き落ちてきて観客は驚いてお話を聞く体制になっていません、なんとか梅原さんも話しを閉め、一迫の佐藤玲子さんにバトンをわたしました。

SR250

雹(ひょう)でざわついた観客の気持ちをお話に集中すべく場数を踏んだ、玲子さんはNHK仙台のローカル番組、クローズアップ宮城で評判を呼んだ。滅多にやらない「月夜の夜ざらし/今年の3月放送」をお話して、お客さんを民話の世界に引きずり込んだのはさすがだ!

夜ざらし
どんな話かというと蝶よ花よ育てられた金持ちの庄屋の娘が娘が結婚したが、すぐ飽きて、村はずれの占い婆に相談して月夜に晒した麻の糸で衣装を作り北に夜干して左前(普通は右、死人を埋葬するときの着せ方は左前に着せる)に衣装を旦那に着せたら
旦那は失踪して、黄泉の国に行ったという恐い民話です。いつか民話絵本にしたくなるようなヴィジアル的なお話です。


七輪

集いは、観客のアンコールもあり、30分ぐらいオバーして終わった。
外に出るとにわか雨も上がっていて、緑が目に眩しかった。
写真のように撮影の時使われた置き道具が方々に置かれ、生活感を演出していた。
 民話の集いは、今日、終わりですが、夏休みに、このロケ地に行ってみるのも楽しいですよ。そのさいの
お泊まりは温湯山荘へ


スポンサーサイト

  • 23:15
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


comment