2018/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


夜ざらし


今日の午前中に
6/8日付のプリントを持って、遠野の民話フィステバルから帰ってお疲れの語り部の佐藤さんのお宅を訪問した。それで「月夜の夜ざらし」で色々疑問であったことなどを伺った。



蝶結び

それは、立ちくそ/方言(縦結びのこと)という結びかたが疑問であった。だいたいは予想していたが、佐藤さんは帯を持ってきて実演してみせた。右の写真は通常の帯の蝶結びです。


縦結び
左の写真の結び方が立ちくそという縦結びで、よく若い娘さんなどが浴衣をこんな結び方で着ているのを見かけると言ってました。旦那に飽きた嫁が占い婆に言われて着せた、呪いの結び方がこの結びだそうです。若い女の人だけでなく旅館の浴衣を若い男がよくこんな結び方をしてるそうです。この結びは、棺桶に入れる人にこの結びをするので、大変、縁起の悪い結び方だそうです。


amaririsu

今日も勉強になりました。若い娘さん!呪いの結び方だそうです。気をつけて下さいね。
来月当たりに恐いお話をUpする予定です。
この花は玄関の脇に咲いていた、アマリリスです。佐藤さんの庭はこんな色とりどり花でまるで絵本の世界です。


スポンサーサイト

  • 15:56
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


comment