2017/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


この記事トップ

地へ
 そして殿と家臣の墓にお別れし、この石段を下りた。上るより下りる方が一段一段下りなければならず、びっこあしで杖をついての障害者にはこわかった。
目線




この寺の庭は良く手入れされており、ツツジも盛りを過ぎており一部枯れかかってしぼんでいたので私は犬猫の目線で庭を探訪することにした。この石段だって立った位置でシャッターを切れば何だという高低差50兮らずミニ石段だ。

苔




自分の足下をみれば枯れた木の皮に苔とカビともつかない赤い胞子の小さなきのこみたいのが生えていた。

大木



ツツジだってこうやって根本だけを写せば、大木に見えませんか?

フィルター


ワァーホントだ目線を変えるだけでもごくありふれた寺院の庭だってなんも有名観光地を訪れなくても別な世界を旅することができた。<完>


スポンサーサイト

  • 11:54
  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -


comment

発見発見^^
ろっぽんさんのページは
たくさん新しく発見できるので
とても楽しいです♪

拝見させていただきました

とても美しいです
画面をみてても
「わぁ〜・・・」と声が出ました

ありがとうございます

  • 空っぽ
  • 2011/12/19 2:54 PM









trackback