2017/05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています



幽玄の世界にワープされたし。




休館日


北辰一刀流・幕末の剣豪の幼年期の師の弧雲屋敷を訪ねたが今日は休館日だった。

白






しょうがないので近くの前から取材しようと、 思ってた城国寺を取材することにした。

ネギ坊主


とにかく自分の持てる力で一応ランキングに参加してる以上はお茶を濁した記事をUpするわけにはいかんと重い左足を引きずりながら寺までたった15分ぐらいの距離だったが歩いた。
なんかこのごろこうやってblog取材することが自分のリハビリになってる。


金剛力士像






この寺は私の父の実家の先祖の墓がある寺でこの地域を管轄する殿様、遠藤家と家臣の寺で詳しいことはわからないけど、江戸中期に建立されたらしい、詳細も含めて明日、画像も整理してお伝えします。

次のページに続く


入り口から見てね
縄文橋

この橋は排水坑道を利用した橋でこのタイムトンネルを通って縄文遺跡公園へ行くシステムなのじゃ、壁には一迫中学生の現代から古代への壁画が描かれています。この絵もなかなかの作品なのじゃ!

看板


まず看板で説明すると、こんなに広い面積をなんと国定史跡を守るためにそんなに古くない当時、町立小学校を壊し更地にし、田や畑も町で買い取りこの史跡公園にしてるのじゃ

縄文池



埋蔵物が泥炭層から発見されたので土地が乾かないように、このように池にしてるのじゃ

無料




嬉しいことに、開花が遅れているために、この時期500円の入園料が取られるのですが、無料だった。ヤッター!?
第2部に続く



 1の記事を見てない方は前を!あやめ300



開花が遅れてはいましたが、ただの鑑賞には、申し分のない開花状況でした。確かに金を払うには花が絨毯状に咲いていないとく文句言う人もいるでしょう!

茶会





公園の木立の下で茶会が開かれていました。カメラを向けると人物は撮影禁止ですと注意されたので、赤の和傘が印象的なのでパチリ!


ビール



日差しがきつい日でしたので喉が渇き、ビールじゃ、ビールじゃと売店から一番搾りとサラミを買って休憩所でゴクリ、フー!

タン




フーと一息つくと向かいを見ると焼き鳥、タン100円の看板が、失敗した!生唾を飲み込みタン一串を買って食うウーロン茶と飲んだ食った。と、タクシーを呼んで家に帰って風呂掃除をして、即、Photosop で編集Upしたのです。忙しし忙し!貧乏ブロッカーのライブ記事です!

    トップに戻る


入り口から見てね
縄文橋

この橋は排水坑道を利用した橋でこのタイムトンネルを通って縄文遺跡公園へ行くシステムなのじゃ、壁には一迫中学生の現代から古代への壁画が描かれています。この絵もなかなかの作品なのじゃ!

看板


まず看板で説明すると、こんなに広い面積をなんと国定史跡を守るためにそんなに古くない当時、町立小学校を壊し更地にし、田や畑も町で買い取りこの史跡公園にしてるのじゃ

縄文池



埋蔵物が泥炭層から発見されたので土地が乾かないように、このように池にしてるのじゃ

無料




嬉しいことに、開花が遅れているために、この時期500円の入園料が取られるのですが、無料だった。ヤッター!?
第2部に続く



前日、記事より続く出土



これが編布の出土状況のパネルの説明です。

地層

右の地層の図のように泥炭層なために乾燥を免れ出土したのです。この辺りはは洪水が多く泥炭層の上に次々と地層が重なって、できた層ですね。

ファッション図



この図は、出土した装飾品や布などで予想して描いた縄文ファッション予想図です。櫛や腕輪、耳飾りなども出土してます。<ロマン館パンフレットからスキャン>

現代のファッション

この写真はこのロマン館にある創作工房室で縄文時代と同じ技法で編まれた縄文ワンピースです。

縄文の主食


古代人
今日は、自分の家から歩いて20分の距離にある埋蔵文化センター「山王ロマン館」の記事をお伝えします。こういう近くの施設には、意外と足を運ばないもので、前から取材しようと思っていましたが、なんと1時45分に行き、3時に編集を始めこうやってUpしています。なんと場当たり的なUpの仕方でしょう。
 これも自分の優れた才能だと自負しています。こういうことでも言わないと無職の壊れ人間は生きて行けません。博物館に入ってすぐに縄文人の青銅の彫刻が「よぐ来てけだなやぁ」と出迎えてくれます。

ガラムシ
あっ!もう5時だ!急げ6時にはUpするぞ!学術的なことは場当たり的Upなので、勘弁ね!この山王囲い国定遺跡は日本で最初に縄文時代の布、編布(あんぎん)が発見された遺跡です。写真のガラムシの繊維で編んで布にしてます。ですから布と編み物の中間なので編布なのです。

編み物作業

右の写真が、編布の作業予想人形です。こういう編み方は南米のインデォなんかがやってますね編布の写真を撮ってきませんのでお見せできないのが場当たり的取材ですね。

土偶

元アマ劇団舞台美術家のはしくれとして、こんな土偶の壊れた欠片に興味を引かれますね。土偶というのは縄文人が足なら足が何らかの病の時、自分の病んでる部分を祈祷し壊したのだと言われます。そういう破片が出土してるんですね

石斧

これは石斧を再現したレプリカです。興味を引かれたのはなんか映画の1カットみたいな写真を撮ってみたいというだけで学術的根拠は、まったくありません。

考古人形
 帰り際、縄文人が「そんなにワッパが(忙しく)見ねーで〜また来てけろや」と言ってましたので、明日キチンと記事を再Upします。フウー!5時40分まとめるなり。
次のページへ